職場で制服を着る効果って何?

聞いて納得!仕事と制服の関係性

職場に制服があると毎日のコーディネートに悩むことや経済的な負担はなくなりますが、制服は会社の看板でもあるのでちょっとしたことが大きなトラブルになってしまうことも…。社会人としてのマナーを守り、自覚を持って行動するようにしましょう。

制服の必要性とその効果は?

制服の必要性とその効果は?
LINEで送る

制服の定義

制服とは「ある一定の団体に所属している人が統一性を持ったものを着用するという目的で作られた洋服」のことです。さまざまな場面で目にすることも多いと思いますが、制服には統一感を与えるだけでなく安心感を与える効果もあります。病院で看護師さんが着てる制服を思い出してみてください。なんとなく、私服の看護師さんよりは制服を着てる看護師さんに注射してもらった方が安心できますよね。
また、制服には「会社への帰属意識」「連帯感や一体感の後押し」「粗悪な行為の抑制」などの意識的な側面や、「安全・衛生面」「機能性」などの実務的な面もあります。

日本ではユニフォームも制服

ある一定の団体が着用する洋服は制服だけではありません。スポーツチームのメンバーが着用しているユニフォームもこれにあたります。そのため、日本ではユニフォームも制服とみなす傾向があります。

着る人のモチベーションを上げる

制服を着る最大のメリットは「意識の切り替え」でしょう!
小学生のころを思い出してみてください。体操服を着ると運動モードになりませんでしたか?仕事で着る制服もこれと同じです。制服を着ることで脳が仕事モードに切り替わり、仕事仲間との連帯意識が高まるので精度も上がります。精度が上がるとお客さまの満足度も上がるので、集客力の向上にもつながります。それに、同じ制服を身につけることで仲間意識が芽生えてくるので、チームワークを求める職場には制服があった方がより良い効果をもたらします。

宣伝とルール遵守の役割もある

制服にはワッペンや刺繍で会社名やロゴが入っているので着ているだけで宣伝になりますよね。ですが、会社の看板を背負っているようなものなので少しでもルールに外れたことをすると目立ってしまいます。あまりに目に余る場合は会社に苦情をいわれてしまうこともあるので言動や行動には注意しましょう。

着る服を迷わない

私服OKな職場の場合、いくら制約がないといってもある程度は職場の雰囲気に沿った服装や社会人として節度のある服装を心がけなければなりません。毎日同じ服を着るわけにはいかないので、どんな洋服を着るか悩んだり、必要な洋服を買いにいったりしなければなりませんが、制服があればこのような憂いから解放されます!経済的な負担もなくなり心の余裕が生まれるので、私服ではなく制服がある職場を望む人も多いようですよ。
それに、「あの制服を着てみたい!」と制服で職場を決める人もいます。制服は機能性や統一性だけでなく、社会的ステータスも感じるアイテムでもあるのです。

twitter