職場に制服があるメリット

聞いて納得!仕事と制服の関係性

職場に制服があると毎日のコーディネートに悩むことや経済的な負担はなくなりますが、制服は会社の看板でもあるのでちょっとしたことが大きなトラブルになってしまうことも…。社会人としてのマナーを守り、自覚を持って行動するようにしましょう。

制服のメリットはこれだ!

制服のメリットはこれだ!
LINEで送る

最大のメリットは「経済的」と「悩まなくてもいいこと」

制服のメリットは何といっても「経済的なこと」と「悩まなくてもいいこと」でしょう!制服は会社が支給してくれるのでお金はかかりません。もし、汚れたり傷んだりしたらすぐに交換してくれるので常に新しいものを着ることができます。それに、私服のようにコーディネートに悩むことがありません。好きな服で通勤して会社で着がえるだけ。スポーツ観戦や合コンなどアフター5の予定に合わせた格好で出勤することも可能ですよ。
ただし、いくら好きな恰好ができるからといって気を抜きすぎるのはNG。あまりに熱いからとビーチサンダルで出勤するのはさすがにやりすぎです…。普段からフォーマルなタイプやコンサバ系のファッションが好きなら大丈夫だとは思いますが、カジュアルなタイプや派手な服装が好きな人は注意が必要ですね。

堅苦しいスタイルから解放される

事務職や総合職などはホワイトカラーと呼ばれる職種なのでスーツを着ることが多いのですが、制服があればスーツを着なくてもいいので楽ちんですよね。スーツを着るとしても入社式や研修、イベントなど年に数回なので堅苦しく感じることもありません。

社会人としての自覚も芽生える

人間は格好によって意識が変わる生き物です。警官の制服を着ていれば警官らしく落ち着いた態度に、飲食店の制服を着ていれば明るく朗らかな態度になるようにふるまうものです。それは、制服を着ることで会社や立場に責任感や自覚が芽生え、そのスタイルにふさわしい行動をするようになるからです。

体型維持にもなる!

制服にもサイズがあります。7号9号…、というサイズ展開になっていますが、会社から支給されているものなので洋服のように簡単にサイズを変更することはできません。支給された制服を着続けるためには自分の体型に留意しておかなければならないのです。太るとすぐにきつくなってしまうので、「制服がきつくなってきたからお昼ごはんを調整する」といったように、制服で自分の体型を維持している人もいるようですよ。
毎日同じタイプの洋服を着ることで自分の体型を把握できるので、体型を保ちたい人やスタイルを気にしている人にとって制服は私服よりもメリットがあるといえますね!
しかし、女性は体調が一定でないことも多いので、「気温が低いから一枚多めに着込みたい」「足を出したくないから今日はパンツスタイル」といったように体調や気温に合わせて服装を臨機応変に調整するのは制服では難しいかもしれません。

twitter